アマゾンMichael Paull

[アマゾンプライムビデオ] 動画のダウンロードが可能に

日本でのアマゾンプライムビデオが騒がれる中、米・独・豪向け限定で動画ダウンロードが可能に。

Amazon.comは米時間2015年9月1日9:00、米国・英国・ドイツ・オーストリアのAmazon Prime会員に向けにApple のiPhone,iPad、GoogleのAndroidでモバイルデバイスに動画を追加料金無しでダウンロードできるようにすることを発表。
アマゾンビデオは、ネットフリックスなどの他の動画配信サービスと異なり、ダウンロードを可能とする唯一のサービスとなり、これにより、動画はオフラインでも視聴が可能になるとのこと。

View source version on businesswire.com:
Amazon Expands Prime Video Downloads to iOS and Android Platforms—The First and Only Subscription Streaming Service to Offer This Feature
アマゾンプライムビデオ

 

 

アマゾンビデオでダウンロード可能な動画は?

ダウンロードが可能になるジャンルは映画、ドラマ、コメディー、キッズ、アニメなど多岐に渡る模様で、Covert Affairs、Orphan Black、Hannibal、Boardwalk Empire、Annedroids、The Captiveなどなど充実している印象を受ける。

amazonimage

 

 

アマゾンの考えはやはり先進的?

アマゾンのデジタル・ビデオ部門のバイス・プレジデント” Michael Paull “は、「 休暇中に、車の中、ビーチ、飛行機、つまりどのような場所でもオフラインでの閲覧を可能にした、最初で、唯一のオンラインストリーミングサービスであることを誇りに思います。」と述べています。

ようやくこれから上陸となる日本のアマゾンプライムビデオのことを考えると・・・皮肉に聞こえるのは私だけでしょうか。

アマゾンMichael Paull

 

 

 

ダウンロードはアプリ経由

動画のダウンロードを行うには、専用アプリをこちらからダウンロードすることで可能になるそう。

アマゾンプライムビデオアマゾンプライムビデオ

 

 

 

日本の動画ストリーミング市場は果たして。

2015年9月1日の21時過ぎ、世界最大シェアを誇るNetflixが日本で公開となりました。
先日2015年8月27日のアマゾンジャパンによるプライムビデオ日本公開のニュースが霞んで感じるのは気のせいですよね?日本のアマゾンビデオでも直ぐに公開してくれますよね?
関連記事:[ アマゾンプライム 動画無料配信 ] 本気のアマゾン、遂に上陸

しかし日本と世界の溝は広がる一方ですね。
このような現象は多く、今に始まったことではないとは言え、世界的に有名なサービスが日本を避けて展開している例は非常に多いです。

海外進出をお手伝いする企業の一つとして尽力せねばならないことを思い出させてくれるニュースとなりました。

 

P.S. 海外プレスリリース豆知識
今回Amazonが使用したプレスリリース配信システムは、世界で最も使用されているBusiness wire社のもので、弊社サービスの「 Worldwide Press 」でも使用している海外プレスリリースシステムです。
ご興味ありましたら他企業のリリース情報もご覧になってみてください。世界的な有名企業の多くがこの配信システムを活用しているのがお解り頂けるかと思います。

 

アマゾン プライム・ビデオ

[ アマゾンプライム 動画無料配信 ] 本気のアマゾン、遂に上陸

アマゾンプライムサービス

2007年から日本でも始まったアマゾンプライムサービス。
この進化が、今後様々な面で日本市場を大きく変えることになりそうです。

Amazon Prime Serviceは、簡単にいえば様々な特典を受けられる年会員サービス。
受注から最短1時間以内で商品が届いたり、日時指定が無料で手配できたり、映画・TV・音楽が無料視聴出来たり、プライベートブランドの優先販売・タイムセールの優先アナウンスが貰えたり。
兎に角その優遇具合が素晴らしい。(これらは主に米国でのプライムサービス)

「 Prime(最高)の体験 」 は残念ながら日本では発送サービス意外はそれほど充実していなかったものの、2015年9月にアマゾンプライムの一つ、「 プライム・ビデオ 」が日本に上陸するとのこと。
しかも、プライム会員であれば追加料金不要で利用可能。これは大ニュースです。

アマゾン プライム・ビデオ

 

アマゾン プライム・ビデオ

日本における動画配信(SVOD)市場は、ドコモのdTVや日本TVが買収したHuluが先行している印象ですが、アメリカで圧倒的トップシェアを誇るNetflixがソフトバンクと独占契約を結び今年9月2日に日本上陸すると言うことでその戦いがどうなるのか、随分話題になっていました。
そこに見事に合わせてくる辺り、アマゾンの本気を感じます。

アマゾン プライム・ビデオ

日本でのプライム・ビデオの動画数はまだ公表されていませんが、アメリカでの対象コンテンツ数は40,000強。
どの程度になるかはまだ予想出来ませんが、もし他と比較しても遜色ない程度であったなら、年会費3,900円で視聴出来るアマゾン プライム・ビデオの圧勝ではないでしょうか。
Amazonがどこまでプロモーションを仕掛けるかにも注目したいですが、コストパフォーマンスを考えるととても他の動画サービスでは太刀打ち出来ないレベルです。(ちなみにプライム・ビデオではアダルトは扱わないとのこと。)

 

アメリカでは年会費99ドル

日本のプライム会員費用は3900円で、アメリカと比較すると非常に安価。
よく買い物をする人であれば、購入時の発送費用360円~540円無料分だけで十分ペイできる価格設定。今回ここにビデオコンテンツが追加されることになりました。

アマゾン プライム・ビデオ

アメリカでの主だったプライムサービスは、

Prime Photos: 容量無制限のオンラインストレージサービス “Amazon Cloud Drive” で写真管理。

Prime Music: 音楽無制限ストリーミングサービス。タイトルは100万曲以上。

Prime Instant Video: 40,000強の映画/TV/バラエティ番組 無料・無制限ストリーミング。

Prime Pantry: 日用品/非生鮮食品を自宅に宅配。(送料は5.99ドル)

Prime Now: 即時発送サービス。1時間以内配達は7.99ドルで、それ以降は無料。

などなど。
どれも他と較べても群を抜いたサービスで、順次日本にも導入されることが予想されます。

既に「世界最大ECサイト」の枠をはみ出ている感が否めないAmazon。
今後の展開に注目です。